ノンリコースローンとは

アパート経営や不動産投資をする人たちの間で、ノンリコースローンが最近話題となっています。

 

直訳すると非遡及型融資というのが、ノンリコースローンというものです。

 

人や会社の信用にではなく、不動産などに対して融資を行うのがノンリコースローンです。

 

日本の住宅ローンはリコースローンと呼ばれるものですが、アメリカではこのノンリコースローンが大半を占めています。

 

事情が何かあって借入金の返済ができなかった場合はその支払いを、通常のローンでは、連帯保証人などに求めることになっています。

 

返済義務は、担保として不動産を入れていた場合、担保を売却しても全額返済ができない場合は残ることになるでしょう。

 

不動産事業なら不動産事業に融資をするという形になるのが、これに対するノンリコースローンです。

 

担保となる土地やアパートなどの収益性や売却時の価値のみに対して融資を行うという形に、融資をする側はなるでしょう。

 

返済不能に陥った場合でも、責任財産となっている住居や土地などを売却する以外に債務者への返済義務は発生しません。

 

ノンリコースローンは、融資を受ける側は担保以上の責任を負わずともいいという利点があります。

 

メリットがある分、傾向としては金利が高いようです。

 

日本では今までずっとリコースローンが一般的でしたが、これからはノンリコースローンも多くなっていくのではないでしょうか。

収入があれば主婦でもキャッシングができる

キャッシング条件が主婦にとってきつくなったのは本当ですが、可能生がゼロになったということではありません。

 

主婦がお金を借りる際には何に気をつけたらよいのでしょうか。

 

収入がない主婦がキャッシングをするのはほぼ無理な話だと考えられがちです。

 

ですが、意外と融資ができる会社はあまります。

 

どの金融会社に融資の申しこみをするかで、審査のハードルは違います。

 

審査基準をクリアすれば主婦の方でも借りることができます。

 

多くの場合、毎月得られる収入が一定水準をクリアしているかどうかが着眼点になります。

 

完全に無収入の主婦には難しいといえるでしょう。

 

返済能力を問われるのは仕方ないと言えば仕方ないことといえます。

 

とはいえ、必ずしも正社員であることが条件ではなく、パートタイマーでもキャッシングは認められます。

 

仮にどこかの金融会社の審査が通らなかったとしても、他の金融会社でならキャッシングができることもあります。

 

近年では、主婦がクレジットカードを発行してもらう際に、キャッシング機能をつけることも難しいといいます。

 

旦那に内緒で専業主婦がキャッシングをするのは難しい時代になったことは間違いないようです。

 

銀行系カードローンはコチラ。

有担保の事業ローンについて

有担保の事業ローンというのは、借り入れの条件として借りる金額と同等の不動産などの担保を提供することです。担保となった不動産は、ローンで借り入れしたお金が返せなくなってしまった場合に、その弁済に充てられます。有担保事業ローンのメリットは、金利が安く借入額の上限が高いということです。大きな借入金をする場合に、借り入れの金利がものすごく大事になります。事業ローンが2種類あるとします。金利はそれぞれ年5%と年8%です。金利差は3%ということになりますので、数字だけ見ると差は無いように思えるかもしれません。しかし、借入額5千万円、借入期間10年のローンの場合、月々の返済額は5%で53万5千円、8%で61万円となり、7万5千円の差が出ますので、1年間では90万円の開きが出ます。金利は少しでも安くする事が、事業ローンを組む時の大きなポイントになります。申し込みの際には、事業ローンの貸し出しを受けることができるかどうか、審査を受ける必要があります。すでに開業している場合は、直近の決算書の提出をする必要があります。事業ローンを借りて開業資金にするつもりであれば、事業計画書を提出することが必要です。ローンの金利の数字や審査の内容などは、事業ローンを提供している金融機関によってさまざまに異なりますので、注意が必要です。事業ローンを利用する場合には、まずはじめに情報をきっちりと集め、商品を比較検討する事をすすめます。

不動産投資とローン返済

不動産投資をするためには資金調達のためローンを組むことが基本です。アパートやマンションに一棟丸ごと投資をするような場合、融資を受ける額は相当な額になるため、金融機関からは相応の条件を課されることでしょう。上場企業に勤務している方や公務員など比較的収入が安定している人はローンも組みやすいものです。独身者や、会社勤めの年数が浅い場合は問題になります。連帯保証人にも保証力が必要ですから、独身の人が親を保証人に使用としたとしても、高齢である等の理由で拒まれることがあり得ます。不動産投資に対するローンの場合、金融機関は回収不能となるような場合に備えなければなりませんので、殆どの場合その物件に抵当を設定します。古いアパートのような資産価値の低い物件は、ローンの組める金額が少ないケースもよくあります。不動産への投資者はその物件の大家ということになるため、それにかかる費用は融資を受けたローンを返すだけにとどまりません。修繕など維持費として、突発的なことにも対応できるよう、ある程度の手持ちのお金も必要になります。不動産投資を行なう場合、通常、なるべく早くローンの返済を終わらせるべきです。そうはいっても、貯金を全然していないようではいざというときに大変なことになってしまうので、ローン返済とバランスを見ながら貯金をしましょう。ローンから資金を得て不動産に投資する場合、無理のない範囲でローン返済を行なっていく方が無難です。

ローンシミュレーションの使用方法

ローンシミュレーションをするには、自分がローンを組もうと思っている金融機関のウェブサイトを確認してみましょう。金融機関のホームページでは、たいていの場合、ローンについて書かれているページの中にシミュレーションのことも書かれています。自己資金や借り入れ金額、金利、返済期間などを入力することで、月々の返済金額や総支払額などが計算できるようになっています。返済のパターンはさまざま試せるようになっているので、それを参考に借入額を決めます。一般的なローンシミュレーションで数字を出していく場合、最低限の金額しか計算に含まれないことに注意しましょう。印紙代、不動産取得税、登記手数料など、ローン返済額以外にも支払わなければならない諸費用が発生します。借入先の金融機関には、保証料、融資手数料を支払わなければなりません。火災保険料も、住宅購入の場合であれば必要になります。購入資金そのもの以外に、いろいろと必要になる諸費用も考慮に入れた、ローンシミュレーションでない限り、実際の返済額と差が生じてきます。ほんとうに簡単なものになると、ローンまわりで発生する費用がシミュレーションに載らないことがあります。ローンを組んだ後になって、事前にもっと確認しておけば、などということが起きないよう、しっかり確認しましょう。付随費用が発生することを念頭に置いたうえで、ローンシミュレーションなどで返済額を調べ、ローンを借りることが重要です。

ローンシミュレーションの種類

ローンシミュレーションには、提供する会社にも寄りますがいくつかの種類があります。利率や借り入れ期間、借り入れ金額を入れるだけでよいローンシミュレーションが、もっとも多いです。金融機関ならどこでも取り扱われているタイプになります。資金計画を算出できるローンシミュレーションもあります。このシミュレーションは子供が高校や大学に進学した時の学費や、結婚や出産などの費用、家族旅行などの費用、老後のための資金などを設定して計算します。将来、大きな出費が発生すると思われる家族内の出来事をあらかじめ組み込んでおけるようなっていますので、細かくシミュレーションすることができます。ローンの返済がどれぐらいの額になるのかを見るローンシミュレーションもあります。ローンの毎月の返済金額だけではなく、家を購入する為に、必要な諸費用を入力する事ができます。必要となるお金の額が最終的にどれぐらいになるのか、一目で見ることができます。ローンの借り換え時に利用できるローンシミュレーションも大変便利です。このシミュレーションでは、このままローンを返済するか、あるいは借り換えローンを組むか、どちらのやり方で支払額がどうなるのかをシミュレーションできます。ローンをどのように借り換えすればお得なのかを調べることができるわけです。ローンのシミュレーションにはいろいろあるので、いろんなケースで返済計画を立てるのに役立ちます。ローンを借りる前に利用してみましょう。

ローンシミュレーションとは

ローンシミュレーションとは、基本的にはローンを組む時に、利率、期間、借り入れ金額を元に毎月の支払額がいくらになるか調べることです。ローンによって最終的にいくら返済することになるのかも確認できます。ローンシミュレーションは特に金額の大きい、例えば家を購入する時のローンや車を購入する時のローンなどに利用される事が多いようです。特に、住宅を買うために組む住宅ローンでは、借り入れの額が大きくなる以外にも問題があります。住宅購入ローンは、返済の条件によって返済総額が大きく変わります。ローンの返済期間が長期であるためです。シミュレーションはたいへん便利なもので、毎月のローン返済額としていくら支払うことになるのかを具体的に知ることができます。ローンを組んだ後の生活費や貯金などについて考える際にもシミュレーションはとても大事です。ローンのシミュレーションを行なってみれば、毎月どれだけ返済すればいいかがはっきりします。生活費を差し引いた金額が、余っている分になります。そしてローンを組んでしまう前に、この余っている金額の中から、いくら貯金するかや教育費はいくらか回すのかといったことを、考えておくのが重要です。転勤や転職、子供の進学や結婚など、組んだローンの返済期間が長くなるほど、収入に大きく関わってくるような要因が増えてきます。こうした点からも、シミュレーションをしておくことは大事になってきます。

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!