2月, 2015

now browsing by month

 

住宅ローン控除の注意点

案外少なくないのが、住宅ローンを組んでお金を借り入れしている場合、金額が大きい為毎月の返済も大きな負担になっている人です。少しでも負担が軽くなる住宅ローン控除は、住宅ローンを支払う人にとって、非常にありがたい制度だといえます。恩恵を受けるにはいくつかの条件があります。ローンの返済期間が10年以上あること。気をつけてほしいのは、住宅ローンの繰上げ返済をした場合です。早くローンを終わらせたいからと途中で繰り上げ返済するとします。税金の控除は、10年より残りのローンの返済期間が短くなってしまうと、受けられなくなりますので気を付けましょう。住居の大きさにも規定が、住宅ローン控除の対象となるものにはあります。50平方米以上家屋の総床面積がないと、所得税の控除対象とは認められません。とくにワンルームマンションなどは注意が必要で、大きさが足りない場合があります。広告などに掲載されている占有面積と実際の床面積が違うケースも分譲マンションを購入した場合にはあるので、確認をあらかじめしておいたほうが良いでしょう。住宅ローンの減税制度を利用するためには、実際の床面積としての計測が基準になります。部屋の大きさが微妙な時には不動産会社に確認を取った方が安心です。非常に大切なのが住居の入居日だそうです。住民登録されていない限り、家を購入して住宅ローンの返済が始まっても住宅ローンの控除を申請することはできないのです。バリアフリー改修工事や省エネ改修工事をした場合でも、適用される場合があり、住宅ローン控除は新築住宅だけではないので一度確認してみると良いかもしれません。家 査定するならこのサイトがおすすめです。

日本クレジット協会という組織について

日本クレジット協会という組織があるのをご存じでしょうか。平成21年4月、クレジット取引にかかわる関係事業者の業務の適正な運営と消費者の利益保護のために設立されたのが日本クレジット協会です。クレジットカードを1枚も持っていない人はほとんど見かけないほど、現在クレジットカードは人々の間に深く浸透しています。日本クレジット協会ではクレジット取引に関する自主ルールを決め、消費者が安心してクレジットを利用できるようにさまざまな取り組みを行っています。日本クレジット協会の会員となっている団体の数は、900以上を数えます。いくつもの銀行や金融系企業、カード会社などが会員となっています。日本クレジット協会では、消費者を対象としたクレジットに関する相談窓口も設けています。消費者相談室では消費者と企業のパイプ役として、消費者の苦情や相談に対応しているようです。日本クレジット協会のホームページには、クレジットに関する基礎知識やQ&Aなど消費者にとって役立つ情報もたくさん掲載されています。学校でクレジットに関する教育をするというような消費者教育への支援も行っています。企業などにおけるクレジットをテーマとしたセミナー等に、 講師としてクレジットカウンセラーを派遣することもしています。日本クレジット協会は、さまざまな機会を通じて、クレジットに関する活動を積極的に行なっています。