ローンシミュレーションの使用方法

ローンシミュレーションをするには、自分がローンを組もうと思っている金融機関のウェブサイトを確認してみましょう。金融機関のホームページでは、たいていの場合、ローンについて書かれているページの中にシミュレーションのことも書かれています。自己資金や借り入れ金額、金利、返済期間などを入力することで、月々の返済金額や総支払額などが計算できるようになっています。返済のパターンはさまざま試せるようになっているので、それを参考に借入額を決めます。一般的なローンシミュレーションで数字を出していく場合、最低限の金額しか計算に含まれないことに注意しましょう。印紙代、不動産取得税、登記手数料など、ローン返済額以外にも支払わなければならない諸費用が発生します。借入先の金融機関には、保証料、融資手数料を支払わなければなりません。火災保険料も、住宅購入の場合であれば必要になります。購入資金そのもの以外に、いろいろと必要になる諸費用も考慮に入れた、ローンシミュレーションでない限り、実際の返済額と差が生じてきます。ほんとうに簡単なものになると、ローンまわりで発生する費用がシミュレーションに載らないことがあります。ローンを組んだ後になって、事前にもっと確認しておけば、などということが起きないよう、しっかり確認しましょう。付随費用が発生することを念頭に置いたうえで、ローンシミュレーションなどで返済額を調べ、ローンを借りることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>