不動産投資とローン返済

不動産投資をするためには資金調達のためローンを組むことが基本です。アパートやマンションに一棟丸ごと投資をするような場合、融資を受ける額は相当な額になるため、金融機関からは相応の条件を課されることでしょう。上場企業に勤務している方や公務員など比較的収入が安定している人はローンも組みやすいものです。独身者や、会社勤めの年数が浅い場合は問題になります。連帯保証人にも保証力が必要ですから、独身の人が親を保証人に使用としたとしても、高齢である等の理由で拒まれることがあり得ます。不動産投資に対するローンの場合、金融機関は回収不能となるような場合に備えなければなりませんので、殆どの場合その物件に抵当を設定します。古いアパートのような資産価値の低い物件は、ローンの組める金額が少ないケースもよくあります。不動産への投資者はその物件の大家ということになるため、それにかかる費用は融資を受けたローンを返すだけにとどまりません。修繕など維持費として、突発的なことにも対応できるよう、ある程度の手持ちのお金も必要になります。不動産投資を行なう場合、通常、なるべく早くローンの返済を終わらせるべきです。そうはいっても、貯金を全然していないようではいざというときに大変なことになってしまうので、ローン返済とバランスを見ながら貯金をしましょう。ローンから資金を得て不動産に投資する場合、無理のない範囲でローン返済を行なっていく方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>