ノンリコースローンとは

アパート経営や不動産投資をする人たちの間で、ノンリコースローンが最近話題となっています。

 

直訳すると非遡及型融資というのが、ノンリコースローンというものです。

 

人や会社の信用にではなく、不動産などに対して融資を行うのがノンリコースローンです。

 

日本の住宅ローンはリコースローンと呼ばれるものですが、アメリカではこのノンリコースローンが大半を占めています。

 

事情が何かあって借入金の返済ができなかった場合はその支払いを、通常のローンでは、連帯保証人などに求めることになっています。

 

返済義務は、担保として不動産を入れていた場合、担保を売却しても全額返済ができない場合は残ることになるでしょう。

 

不動産事業なら不動産事業に融資をするという形になるのが、これに対するノンリコースローンです。

 

担保となる土地やアパートなどの収益性や売却時の価値のみに対して融資を行うという形に、融資をする側はなるでしょう。

 

返済不能に陥った場合でも、責任財産となっている住居や土地などを売却する以外に債務者への返済義務は発生しません。

 

ノンリコースローンは、融資を受ける側は担保以上の責任を負わずともいいという利点があります。

 

メリットがある分、傾向としては金利が高いようです。

 

日本では今までずっとリコースローンが一般的でしたが、これからはノンリコースローンも多くなっていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>